■その他

■2019年を振り返って。 判決・執筆・仕事・趣味など。

tokei_20171231.jpg


2019年ももう終わりですね。

今年もブログを見てくださった皆様ありがとうございました。

今回は、2019年を振り返ってみたいと思います。

まずは2019年の注目判決から。

 

 

2019年の注目判決

今年は医薬分野の最高裁判決が1件ありました。

 

・【判決PDF827日:平成30(行ヒ)69号 審決取消請求事件

 

パタノール点眼液0.1%(オロパタジン塩酸塩点眼液)に関する特許で、最高裁は知財高裁の効果の顕著性の判断に誤りがあるとして、破棄差し戻しました。この特許に関しては、訂正で「ヒト結膜肥満細胞安定化剤」という限定が入っていたことから、パテントリンケージの問題もありました。また、判決の考え方に単純に従うとinherentな効果剤が取りやすくなるように思いました。

 

他に、興味深かった判決は以下の通りです。(日付は判決言渡日)

 

325日:<ゾニサミドの維持審決取消訴訟> 既存薬と共通のメカニズムを有することが知られていても、作用が同程度である証拠がないため、動機付けられないと判断された事例

529日:<リツキシマブBSの特許侵害訴訟> 請求項1の「最中」を狭く解釈した上で、サポート要件を満たさないと判断した事例

626日:リサイクリング抗体特許の維持審決が取り消された事例

1030日:<知財高裁/抗PCSK9抗体の侵害訴訟> 競合特許のサポート要件等が認められた事例

103日:<知財高裁/抗第IXa因子抗体の侵害訴訟> クレームの「凝血促進活性を増大させる」が狭く解釈され、課題解決手段が異なることを理由に技術的範囲に含まれないと判断された事例

1114日:<知財高裁/セレコキシブ特許の審取訴訟> 数値範囲全体にわたり、セレコキシブの生物学的利用能が改善されると認識できないとして、サポート要件違反と判断された事例

1128日:<知財高裁/アリムタ特許の審取訴訟> 本件特許発明の効果が読み取れないという原告の主張は進歩性欠如の根拠として採用されなかったが、実施可能要件/サポート要件違反の根拠として使えそうな事例

1225日:<知財高裁/ナゾネックス点鼻液特許の審取訴訟> 特許発明の効果の顕著性が認められなかった事例

 

 

2019年の注目バイオトピック

バイオ関係だとこういうのがありました。今年もいろいろありましたね。流行語大賞はモダリティでしょう。

 

・バイオ医薬品企業のM&A(セルジーン、アレイバイオファーマ、オーデンテス、ザイフォスバイオサイエンシズ、シンソークス等)

・バイオ医薬品の日本承認・発売(キムリア(CAR-T)、コラテジェン(プラスミドDNA)、オンパットロ(siRNA)、ステミラック(間葉系幹細胞))

・ベバシズマブのバイオシミラーの日本承認・発売

iPS細胞備蓄の支援打ち切り問題

 

 

■執筆・講演

昨年に引き続き、PHARM TECH JAPAN(出版社:じほう)で医薬特許調査の連載記事を書きました。毎月10頁程度書いていて、本年7月号(全13回)で無事終了しました。毎回事例を作るのはなかなか大変でしたが、よい経験になりました。

 

7月には、第3回バイオ医薬EXPOでバイオ医薬特許の講演をしました。

https://biopatentblog.blog.fc2.com/blog-entry-232.html

 

2020年は、2月に東薬工でバイオ医薬品の特許訴訟・無効審判・異議申立関連の講演をする予定です。知財をバリバリやってる方々が受講されるので、できるだけ深い内容を入れられるようにがんばります。

 

 

■事務所(SK)のお仕事

今年も適度に仕事をしました。明細書作成、拒絶応答、特許調査、鑑定、コメント、翻訳、審判、訴訟など。


キーボードを変えました。すごく良かったので事務所と自宅の両方ともこれに変えました。浅めが好みの方には合うと思います。 

COUGAR

https://www.amazon.co.jp/dp/B06XT4W861/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_k-XcEbV6H9XZE

 

そして、事務所のホームページが新しくなりました。本当に手作り感満載のホームページだったので、それはそれで面白いのですが、新しくなってよかったと思います。 

https://biopatentblog.blog.fc2.com/blog-entry-223.html

 

 

■趣味

今年もバスケが楽しい1年でした。今年はオフボールスクリーンの練習を増やしたことで、個人的にもチーム的にも少しは戦略的なプレイができるようになってきました。

NBAでは、ウォリアーズ王朝の時代が終わり、クリッパーズ、レイカーズ、シクサーズ、バックスなどのどこが優勝するか楽しみな2019-2020シーズンが進行しています。個人的にはシクサーズ、サンダー、ペリカンズを応援してます。
 

Netflixけっこう見ました。一番面白かったのは、SUITSシーズン7ですね。お勧めは、最近配信が始まったHEROESです。

 

ここ数年ほとんど漫画を読んでなかったのですが、最近ちょっとしたきっかけからいくつか読みました。まず手始めに読んだのはエンジェルハートで、これは5年くらい前まで読んでたのでその続きを読みました。毎回話がよく作り込まれていて、本当に面白いです。完結したのですが、次回作も読もうと思います。

今回初めて読んでよかったのは響という作品です。小説家を主人公とした作品で、なかなか珍しいジャンルだと思います。こちらも完結してしまったので、次回作楽しみにしてます。

 

■その他

今年は実家(鹿児島)に帰らなかったので、来年はどこかで帰りたいなと思います。

 

 

■抱負

来年はもうちょっと仕事と勉強をがんばろうかなぁと思います。

 

 

ではみなさん良いお年をお迎えください。




スポンサーサイト



■2018年を振り返って。 判決・執筆・仕事・趣味など。

tokei_20171231.jpg

2018年ももう終わりですね。
今年もブログを見てくださった皆様ありがとうございました。
今回は、2018年を振り返ってみたいと思います。
まずは2018年の注目判決から。


2018年の注目判決
今年は医薬分野の大合議判決が1件ありました。

7月22日:(ロスバスタチンCa物質特許の知財高裁大合議判決)甲2の置換基が2000万通り以上の選択肢の1つで、且つ積極的あるいは優先的に選択すべき事情がないので引用発明と認定できないと判断された事例

個人的に興味深かったのは以下の判決です。

7月23日:機能限定抗体特許の侵害訴訟において、被告製品が機能を有していても、技術的範囲に含まれないと判断された事例
7月25日:クレームの用途を狭く解釈することにより、甲文献に対して新規性ありと判断した事例
10月26日:<ハーセプチン用法特許の審決取消訴訟> 実施例に書いた定性的効果(未来形)に基づいて実験データを提出したが、定性的効果を超えて参酌することはできないと判断された事例
12月28日:引例(ウェブページ)の「製品の特徴」の欄に「止血剤」の一行記載があったが、「止血剤」の用途は進歩性ありと判断された事例



2018年の注目バイオトピック
バイオ関係だとこういうのがありました。今年もいろいろありましたね。

・本庶佑氏のノーベル医学生理学賞受賞(PD-1の発見、オプジーボの開発)
・ハーセプチンのバイオシミラーの日本発売
・二重特異性抗体の医薬品の日本発売(血友病A治療薬ヘムライブラ、抗悪性腫瘍剤ビーリンサイト)
siRNAの医薬品の米国承認(ATTR-FAP治療薬Onpattro
iPS細胞由来細胞によるパーキンソン病の治験
・中国でゲノム編集ベビー誕生騒動


■執筆
PHARM TECH JAPAN
(出版社:じほう)で医薬特許調査の連載をはじめました。7月号から掲載していて、今も継続中です。
連載なんて初めてだったので、毎月原稿を書けるのか心配でしたがなんとかなりました。
あと数ヶ月がんばります。

来年7月には、第3回バイオ医薬EXPOでバイオ医薬特許の講演をする予定です。


■事務所(SK)のお仕事
今年も適度に仕事をしました。明細書作成、拒絶応答、特許調査、鑑定、コメント、審判、訴訟など。


■趣味
今年もバスケが楽しい1年でした。シュートフォームが少し変わって、最近確率が上がった気がします。
NBA
は最近あまり見れてないけど、クリッパーズの元主力メンバーが各チーム(ロケッツ、76ers、ピストンズ、マブス)に行って活躍してるのを見るのは楽しい。


■その他
人生初の特許出願の発明者(共同)になりました。
まさか自分が発明者になるときがくるとは思っていませんでした。
しかもバイオ系ではなく、ピアノペダルの補助装置に関する発明です。
そのうちこのブログでも紹介したいと思います。

また、今年は数年ぶりに実家のある鹿児島に帰りました。
両親と軽い旅行に行ったり、買い物したりして過ごしました。あと、学生時代よく遊んでいた友人と10年以上ぶりに会ってご飯に行きました。来年も帰れるといいな。


■抱負
来年はもうちょっと仕事と勉強をがんばろうかなぁと思います。


ではみなさん良いお年を。


■2017年を振り返って。 判決・仕事・講演・趣味など。

tokei_20171231.jpg


2017
年ももう終わりですね。
今年もブログを見てくださった皆様ありがとうございました。
今回は、2017年を振り返ってみたいと思います。
まずは2017年の注目判決から。


2017年の注目判決
結構インパクトのある判決がでました↓。特に最高裁の方。あんなに明確に書いてあっても均等侵害になっちゃうんですね。

3
24日:均等侵害が認められた「マキサカルシトール製法特許事件(最高裁)」
1
20日:延長された特許権の効力が後発品に及ばなかった「オキサリプラチン製剤特許事件(知財高裁大合議)」


今年は無効審判の審決も結構分析しました。以下のブログ記事とか。あとは講演で発表しました。

抗原も配列も限定のない改変抗体特許への無効審判で特許が維持された審決例
ハーセプチン用法特許の無効審判事例 ~後出しデータの参酌の可否~
用法用量特許の実施可能要件が明細書に記載のないコンピュータシミュレーションにより認められた審決例



2017年の注目バイオトピック
バイオ関係だとこういうのがありました。いろいろありましたね。

・抗PD-1抗体の特許侵害訴訟の和解(小野薬品+BMSとメルク)
・抗PCSK抗体の米国特許侵害訴訟(アムジェンとサノフィ)
CRISPR-Cas9のインターフェアレンス(ブロード研究所とカリフォルニア大)
・パテントダンス(アムジェンとサンド)
・スピンラザの日本承認(バイオジェン)
CAR-T細胞療法のFDA承認(ノバルティスのキムリア、ギリアドのイエスカルタ)
・抗がん剤のバイオシミラーの日本承認等(サンドのリツキサンBSの承認。日本化薬のハーセプチンBSの承認申請と中外製薬の訴訟提起。)



事務所のお仕事(SK特許業務法人)
今年も適度に仕事をしました。
内容としては、バイオ・医薬系の明細書作成、拒絶応答、内外・外内、調査、コメント・鑑定・審判・訴訟、セカンドオピニオン、特許情報収集・整理・分析など。
楽しい仕事ばかりでありがたいことです。
以下、備忘録です。

・明細書作成 ← 実施形態をどこまで書くかはなかなか判断が難しい。補正の根拠などのために書いておきたいけど、改良発明の不利益になるんじゃないかとか、均等で不利になるんじゃないかとか。
・拒絶応答 ← どこで検討やめるかも悩みどころ。みんなどうしてるのかな。
・内外・外内 ← 今年は外内ほとんどやってないので、来年はもう少しやろうかなぁ。
・調査 ← 安定。今年は新しい検索システムを試してみた。機能が豊富でいいんだけどちょっと高い。
・コメント・鑑定・審判・訴訟 ← 審査基準、判決、審決等のどの部分が後々使えるか、参考になるかわからない。全暗記はしなくていいので、たしかあそこにあったような・・・って感じで後から探せるようにしておくことが大事かな。
・セカンドオピニオン ← たまにあった。
・特許情報収集・整理・分析 ← こういう仕事もいい。勉強になるし。



講演など
講演や執筆もしました。

4
月:核酸医薬の論文が掲載された書籍(共著)が発刊。
6
月:医薬バイオEXPOでバイオ医薬特許の講演。
8
月:じほうさんからPharm Tech Japanの取材を受ける
9
月:製薬会社の団体からの依頼でバイオ医薬品の特許調査の講演。

来年は雑誌の連載記事を執筆する予定です。



その他
AIの話題も多い年でした。

特許業界で今のAIができること

ニュースまとめサイトつくってみました。

知財ニュース.com
医薬ニュース.com



趣味
バスケが楽しい1年でした。今年の目標にしていた3ポイントの確率向上に成功したのでよい年でした。やりすぎに注意。
海外ドラマも楽しい1年でした。1位はSUITS2位はワンス・アポン・ア・タイム、3位は12モンキーズかな。



抱負
来年はもうちょっと仕事と勉強をがんばろうかなぁと思います。
あと、たまには実家のある鹿児島に帰ろうと思います。

ではみなさん良いお年を。




tag : 2017年

■PC作業をちょっと効率化するRazer Taipan


Razer Taipanは、ボタンが9個あるマウスです。
これです。
http://kakaku.com/item/K0000413558/

使ってみた感じ、かなりいいです。 ライトは設定で消せます。
LogicoolやRazer等で、ボタンの多いマウスがいろいろ販売されいますが、
軽さや、補助ボタンの位置・押しやすさ、カーソルの動き、クリック感、見た目、
のトータルではこのマウスが一番ではないかと思います。


■PC作業をちょっと効率化するStrokeIt


特許の仕事は、ほとんどが文章を書く作業です。 PCの前に座っていることがほとんどです。 そのため、できるだけPC作業を効率化すべく、日々気をつけています。 

というわけで今回は、PC作業をちょっと効率化するStrokeItをご紹介します。
StrokeItは、いわゆるマウスジェスチャーソフトです。 ネットで検索するといろんなマウスジェスチャーソフトが見つかります。 いくつか試してみましたが、StrokeItが断トツで感度が良いと感じました。

マウスジェスチャーソフトを使うと、「右クリック」を押しながらマウスを動かすことで、いろんなアクションを起こすことができます。 例えば、右クリックを押しながらマウスを「左に少し移動」させると、ページを「戻る」ことができます。 chromeやfirefoxなどのブラウザだけでなく、「フォルダ」でも戻ることができます。 主な動作を以下に記載しています。 設定は自由に変更可能です。

マウス移動アクション
戻る
進む
右上最大化
左下最小化
左上タブを閉じる
Cを描く閉じる

マウスジェスチャーをするなら、軽いマウスがお勧めです。
あと、ネットからダウンロードしたものを使用すると、chromeが動かない場合があります。 そんなときは、StrokeItの設定でchromeの「Window class」を「Chrome_WidgetWin_1」にすると上手く動くようになります。 Q-Dir等のソフトを使う場合も別途設定が必要です。


PR


最近の記事

プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書はバイオ医薬(特に抗体医薬)、調査は無効資料調査が特に得意です。

お問い合わせは、
biopatentblog@gmail.com
もしくは、
info@iyakunews.com
へお願いします(@は半角に変換してください)。

QR code

QR

RSSリンク