■食品特許

■カゴメ 対 伊藤園のトマトジュース特許訴訟


カゴメ 伊藤園の訴訟を朝日新聞が報道し、ネットで話題になっています。

▼Yahooニュース
カゴメ、伊藤園を提訴 トマトジュース製法特許めぐり
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00000088-asahi-soci

記事を読むに、経緯は下記のようです。

伊藤園のトマトジュースに関する特許が2013年に登録された。
カゴメが無効審判を請求した。
特許庁が有効審決をした。
カゴメが知財高裁へ審決取消訴訟を提起した。

特許番号は報道されていませんが、おそらく下記と思われます。


-------------------------------------------------------------------------------------
・特許5189667
・登録日:2013.2.1
・出願日:2011.4.20
・発明の名称:トマト含有飲料及びその製造方法、並びに、トマト含有飲料の酸味抑制方法

(登録時)
【請求項1
 
糖度7.013.0であり、糖酸比19.030.0であり、グルタミン酸及びアスパラギン酸の含有量の合計が、0.250.60重量%であることを特徴とする、
トマト含有飲料
【請求項8
 
少なくともトマトペースト(A)と透明トマト汁(B)を配合することにより、糖度が7.013.0及び糖酸比が19.030.0となるように、並びに、グルタミン酸及びアスパラギン酸の含有量の合計が0.250.60重量%となるように、前記糖度及び前記糖酸比並びに前記グルタミン酸及びアスパラギン酸の含有量を調整することを特徴とする、
トマト含有飲料の製造方法。
【請求項11
 
少なくともトマトペースト(A)と透明トマト汁(B)を配合することにより、糖度が7.013.0及び糖酸比が19.030.0となるように、並びに、グルタミン酸及びアスパラギン酸の含有量の合計が0.250.60重量%となるように、前記糖度及び前記糖酸比並びに前記グルタミン酸及びアスパラギン酸の含有量を調整することを特徴とする、
トマト含有飲料の酸味抑制方法。

(訂正後)
【請求項1
 糖度が9.410.0であり、糖酸比が19.030.0であり、グルタミン酸及びアスパラギン酸の含有量の合計が、0.360.42重量%であることを特徴とする、
トマト含有飲料。
【請求項8
 少なくともトマトペースト(A)と透明トマト汁(B)を配合することにより、糖度が9.410.0及び糖酸比が19.030.0となるように、並びに、グルタミン酸及びアスパラギン酸の含有量の合計が0.360.42重量%となるように、前記糖度及び前記糖酸比並びに前記グルタミン酸及びアスパラギン酸の含有量を調整することを特徴とする、
トマト含有飲料の製造方法。
【請求項11
 少なくともトマトペースト(A)と透明トマト汁(B)を配合することにより、糖度が9.410.0及び糖酸比が19.030.0となるように、並びに、グルタミン酸及びアスパラギン酸の含有量の合計が0.360.42重量%となるように、前記糖度及び前記糖酸比並びに前記グルタミン酸及びアスパラギン酸の含有量を調整することを特徴とする、
トマト含有飲料の酸味抑制方法。
-------------------------------------------------------------------------------------


本件特許の実施例には、12人のパネラーによる官能評価の結果が記載されています(評価は下の6行です)。

itouen_20170303.jpg

報道記事によると、

「カゴメ側は2日の弁論で「『濃厚な味わい』などの具体的な定義が不明で、裏付けるデータも少ない」と主張。伊藤園側は「トマトジュース市場に新たな分野を開拓した、意義がある発明だ」と反論した。」

そうです。
審決をざっと見た感じでは、実施可能要件/サポート要件違反の主張の中で濃厚な味わいを問題にしているようです。


話がずれますが、じつは私はトマトがあまり好きじゃないので、トマトジュースは基本飲みません。野菜ジュースはできればトマトっぽい味の無い(薄い)ものが好みです。
以前、野菜汁100%と書いてあるものをいくつか飲み比べてみたことがあるのですが、伊藤園の「1日分の野菜」がトマトっぽい味が薄くて飲みやすかったです。

itouen_yasai_20170303.jpg

と、トマト嫌いの偏った立場からみると、「濃厚な味わい」じゃない方がよいような気もします。むしろ参考例7の方が甘みがあっていいんじゃないかっていう。。。
ググってみたところ、「濃厚なトマトジュース」、「・・・のトマトジュースは濃厚です。」みたいな記事がたくさんヒットしました。どうやらトマトジュース業界では「濃厚」って推しキーワードのようです。
なるほど。



<3月22日追記>

下記のカゴメのニュースリリースによると、5/16発売予定だった野菜ジュースの発売が10/3に延期になったらしいです。
このタイミングなのでまさかと思って見てみましたが、理由は”現在、トマトジュースの需要が急拡大しており、商品供給能力を大幅に上回る受注に対して、十分な出荷ができない状況となっております。”とのこと。

http://www.kagome.co.jp/company/news/n_pdf/170322999.pdf




スポンサーサイト



■食品の用途特許が認められる日は近い!


下記の配布資料によると、4月中を目処に、食品の用途特許が認められるようになりそうです。
トクホや機能性表示食品の普及により、食品にも用途特許が認められる理由ができてきたということだと思います。これで食品業界からの特許出願が増加すると思われます。用途特許って権利範囲がグレーなところがありますが、侵害訴訟でどのように判断されるか楽しみです。

▼産業構造審議会知的財産分科会特許制度小委員会第8回審査基準専門委員会ワーキンググループ 配付資料
http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/shingikai/pdf/
new_shinsakijyun08_shiryou/03.pdf



--------------------------------<引用>--------------------------------
1. 第7回審査基準専門委員会WGにおける審議結果
(2)請求項の記載形式
請求項の記載形式については、今般の食品の用途発明に関する審査基準の点検の必要性及び食品以外の分野との整合性を考慮し、案1を採用する。

案1 「成分Aを有効成分とする○○用。」、「成分Aを有効成分とする○○用組成物。」、「成分Aを有効成分とする○○用食品組成物。」、「成分Aを有効成分とする○○用ヨーグルト。」のような請求項の記載形式について、用途限定が請求項に係る発明を特定するための意味を有するものとして認定する

2. 請求項中に用途限定が付されていても、用途限定のないものとして解釈される植物・動物の発明について
(具体例)
用途限定のないものとして解釈される発明
「○○用バナナ。」、「○○用生茶葉。」、「○○用サバ。」、「○○用牛肉。」

用途限定のあるものとして解釈される発明
「○○用バナナジュース。」、「○○用茶飲料。」、「○○用魚肉ソーセージ。」、 「○○用牛乳。」

3. 改訂審査基準の運用開始時期について
改訂審査基準案は、従前と同様、パブリックコメント手続(意見公募手続)にかけて、その後、4月中を目途に改訂審査基準の運用開始を目指す。
改訂審査基準は、運用開始日以降の審査に適用する。
--------------------------------------------------------------------------


なお、現在の審査基準には以下のように記載されています。

--------------------------------<引用>--------------------------------
3.1.2 用途限定が付された物の発明を用途発明と解すべき場合の考え方
(2) 請求項中に用途限定があるものの、請求項に係る発明が用途発明といえない場合
未知の属性を発見したとしても、その技術分野の出願時の技術常識を考慮し、その物の用途として新たな用途を提供したといえない場合は、請求項に係る発明は、用途発明に該当しない。審査官は、その用途限定が請求項に係る発明を特定するための意味を有しないものとして、請求項に係る発明を認定する(例2)。請求項に係る発明と先行技術とが、表現上、用途限定の点で相違する物の発明であっても、その技術分野の出願時の技術常識を考慮して、両者の用途を区別することができない場合も同様である(例3)。

例2:成分Aを添加した骨強化用ヨーグルト
(説明) 確かに、「成分Aを添加した骨強化用ヨーグルト」は、骨におけるカルシウムの吸収を促進するという未知の属性の発見に基づく発明である。しかし、「成分Aを添加したヨーグルト」も「成分Aを添加した骨強化用ヨーグルト」も食品として利用されるものであるので、成分Aを添加した骨強化用ヨーグルト」が食品として新たな用途を提供するものであるとはいえない。したがって、審査官は、「骨強化用」という用途限定が請求項に係る発明を特定するための意味を有しないものとして、請求項に係る発明を認定する。なお、食品分野の技術常識を考慮すると、食品として利用されるものについては、公知の食品の新たな属性を発見したとしても、通常、公知の食品と区別できるような新たな用途を提供することはない。
--------------------------------------------------------------------------


PR


プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書はバイオ医薬(特に抗体医薬)、調査は無効資料調査が特に得意です。

お問い合わせは、
biopatentblog@gmail.com
もしくは、
info@iyakunews.com
へお願いします(@は半角に変換してください)。

QR code

QR

RSSリンク