■特許ニュース

■(バクスアルタ 対 中外製薬)エミシズマブに対する特許侵害訴訟 東京地裁で中外製薬が勝訴


「中外製薬」の新薬エミシズマブに対して「バクスアルタ」が提起した特許侵害訴訟の件で、東京地方裁判所は中外製薬勝訴の判決を言い渡したそうです。

ニュースリリースはこちらです。
エミシズマブは薬価収載前とのことです。

▼エミシズマブに関する特許侵害訴訟の勝訴に関するお知らせ(20180328日)
https://www.chugai-pharm.co.jp/news/detail/20180328143003.html

1. 訴訟の提起および判決のなされた日
 2016
56  訴状受領
 2018
328  判決言渡し
2.
訴訟の原因及び判決に至った経緯
 血友病Aに対する新薬エミシズマブ(薬価収載前。開発コード:ACE910)が、バクスアルタ社保有の特許第4313531号に触れるとし、エミシズマブの製造、使用、譲渡、輸出、譲渡の申出の差止め、ならびに廃棄を求める訴えが提起された。東京地方裁判所において当社の主張が認められ、中外製薬勝訴の判決が下された。



訴訟提起時のニュースリリースはこちらです。エミシズマブは臨床開発中と記載されています。

当社に対する訴訟の提起に関するお知らせ(20160511日)
https://www.chugai-pharm.co.jp/news/detail/20160511150000.html


対象特許はこちらです。

JP4313531
【請求項1】
第IX因子または第IXa因子に対する抗体または抗体誘導体であって、凝血促進活性を増大させる、抗体または抗体誘導体。



スポンサーサイト



■求人応募時にクレーム作成のレポート提出

 
パテントサロンに京都大学 iPS細胞研究所 知財グループの求人がでていました。

http://www.patentsalon.com/jobs/offer/kyoto-u_cira/index.html

たまにバイオや医薬系企業の求人があるので珍しいことではないのですが、よくよく見てみると、応募時にクレーム作成のレポートを提出することになっていて珍しいなと思いました。
しかも発明の内容が過去のニュースリリースです。これです。

http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/news/140805-085017.html

これは面白いですね。SKでもどうでしょうか(笑)
と思ったらニュースリリースがない。。。

知財部でも特許事務所でも、中途採用だったら採用前にどんなクレームを作る人なのかを知っておきたいですよね。
過去に書いた特許公報を教えてもらうっていうのがよくあるパターンでしょうか。ただ、公報の内容はクライアントからもらった原稿や出願方針にもよるのと、その人が原稿作成にどの程度関わったかがわからないところがちょっと弱いかもですね。
応募後に会社(または事務所)で書いてもらうっていうパターンもあるらしいです。

試しにクレーム案を考えてブログ記事にしようかなーとも思ったのですが、それはまずそうなので思いとどまりました。
そこで、逆に拒絶理由を考えてみました。こんな感じです。

「iPS細胞に分化抵抗性iPS細胞があることは文献Xに記載されている。また、正常細胞と非正常細胞の遺伝子発現を比較して、非正常化のメカニズムを明らかにする技術は文献Yに記載されている。そうすると、分化抵抗性iPS細胞に関しても、文献Yを考慮して、遺伝子発現の比較をしてみることは容易に想到できる。」

ちょっとふわっとした内容になっていますが、クレームがあればもうちょっと具体化した内容になるかなと思います。あと効果はクレーム次第なところがあるので一旦無視しています。文献は探していません。



■レミケード米国特許、CAFCが無効と判断

 
CAFC(
米国連邦巡回区控訴裁判所J&Jの関節リウマチ薬「レミケード」の米国特許を無効とする判断を下したそうです。

・連邦高裁も特許無効の判断 J&J控訴棄却、「レミケード」打撃
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180125/mcb1801250500009-n1.htm

Johnson & Johnson Loses Remicade Patent in Appeal Ruling
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-01-23/johnson-johnson-loses-appeal-on-validity-of-remicade-patent


レミケードのバイオシミラーとして、ファイザーのInflectra等がすでに米国で販売されているそうです。
対象特許はUS6284471で、自明型二重特許(obviousness-type double patenting)により無効と判断されたようです。


PR


プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書はバイオ医薬(特に抗体医薬)、調査は無効資料調査が特に得意です。

お問い合わせはbiopatentblog@gmail.com(@は半角)へお願いします。

QR code

QR

RSSリンク