■2012-12-

■抗凝血剤EliquisをFDAが承認


医薬ニュースを紹介します。

FDAは抗凝血剤Eliquis (Bristol-Myers SquibbとPfizerの共同)を承認しました。
心房細動(atrial fibrillation)の患者の脳梗塞と血栓とを防ぐ薬剤で、対象の患者はアメリカ国内だけでも数百万人になります。Bristol-Myersのベストセラー薬剤のPlavixの特許切れにともないジェネリック製剤が浸透していますが、Eliquisは次世代のブロックバスター薬剤になると期待されています。
(提供:SKIP 宍戸知行弁理士)

▼New York Times (December 28, 2012)
http://www.nytimes.com/2012/12/29/business/fda-approves-eliquis-from-bristol-and-pfizer.html?hpw&_r=0

▼Eliquisの作用機序
Eliquisは、外因性及び内因性血液凝固経路の収束点である活性化血液凝固第X因子(FXa)を阻害することで、その下流のプロトロンビンからトロンビンへの変換を抑制する。トロンビンは血液凝固カスケードの中心的役割を担っているため、上記の抑制により、抗凝固作用が生じる。

▼Plavixの作用機序
Plavixは、肝臓で活性代謝物に変換されて、血小板膜上のADP受容体(P2Y 12)に選択的かつ不可逆的に結合し、PI3キナーゼの活性化を抑制することにより、GPⅡb/Ⅲaの活性化を阻害する。GPⅡb/Ⅲaはフィブリノゲンを介して他の血小板のGPⅡb/Ⅲaと結合する機能を持つが、Plavixはこれを阻害することにより、抗凝固作用を発揮する。
また、ADP受容体(P2Y 12)刺激によって起こる抑制性蛋白質 Giによるアデニレートシクラーゼの活性抑制を阻害し、cAMP を増加させCa 2+流入を阻害する(血小板内の Ca 2+濃度を抑える)ことにより、各種血小板凝集因子による凝集反応を抑制する。

スポンサーサイト



■慢性骨髄性白血病の治療薬IclusigをFDAが承認(グリベック耐性の原因であるBCR-ABLのT315I陽性患者に有効)


医薬ニュースを紹介します。

慢性骨髄性白血病(CML)の治療薬で、フィラデルフィア染色体により形成されるBCR-ABLを阻害する新しい分子標的薬Iclusig(Ariad Pharmaceuticals社製)がFDAで承認されました。
第一選択薬であるGleevecや他の薬剤が効かない患者に投与するものです。Gleevec耐性の原因であるBCR-ABLのT315I変異に効くようにコンピュータデザインされて創薬されたそうです。
薬の卸売価格は、年間$115,000(約1千万円)です。
(提供:SKIP 宍戸知行弁理士)

▼New York Times (December 14, 2012)
http://www.nytimes.com/2012/12/15/business/fda-gives-early-approval-to-leukemia-drug-iclusig.html?ref=business&_r=0

▼ARIAD News release
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=118422&p=irol-newsArticle&ID=1767523&highlight=

PR


プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書はバイオ医薬(特に抗体医薬)、調査は無効資料調査が特に得意です。

お問い合わせは、
biopatentblog@gmail.com
もしくは、
info@iyakunews.com
へお願いします(@は半角に変換してください)。

QR code

QR

RSSリンク