■2013-02-

■抗体-薬物複合体(ADC)の新規がん治療薬KadcylaをFDAが承認


医薬ニュースを紹介します。

FDAは進行乳がんの新規治療薬を承認しました。
抗体医薬のHerceptinに化学療法剤のDM1を結合した新規治療薬Kadcyla(trastuzumab emtansine or T-DM1)です。進行性乳がんの生存期間を半年ほど延長する効果があるそうです。費用は一月約1万ドルで、治療には94,000ドルほどかかるそうです。

Herceptinは、2012年の販売額は63億ドルで、米国特許は2019年に切れます。今後は、抗体医薬の特許切れによりジェネリック製剤が出てきたとしても、このようにより効果の高い
化学療法剤との結合薬を販売することで、ブランド薬の製薬会社は販売を維持するようになると思われます。(提供:SKIP 宍戸知行弁理士)

▼New York Times (February 22, 2013)
http://www.nytimes.com/2013/02/23/business/fda-approves-breast-cancer-drug.html?hp&_r=1&

▼Roche - Media Release
(February 22, 2013)
http://www.roche.com/media/media_releases/med-cor-2013-02-22.htm

スポンサーサイト



PR


プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書はバイオ医薬(特に抗体医薬)、調査は無効資料調査が特に得意です。

お問い合わせは、
biopatentblog@gmail.com
もしくは、
info@iyakunews.com
へお願いします(@は半角に変換してください)。

QR code

QR

RSSリンク