■2013-12-

■京都大学、遺伝子を特定しないiPS細胞の日本特許成立


京都大学iPS細胞研究所(CiRA)のニュースリリースによると、遺伝子を特定しないiPS細胞の日本特許が成立したそうです。発明者は昨年ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授。
この連休はIPDLが止まっているので詳細は確認できませんが、クレームは下記とのことです。

▼特許請求の範囲:
以下の(1)~(3)の工程を含む、誘導多能性幹細胞の製造方法:
1ES細胞で特異的な発現または高発現を示す遺伝子、WntシグナルまたはLIFシグナルにより活性化される因子をコードする遺伝子、ES細胞の分化多能性維持に必須の遺伝子、およびそれらのファミリー遺伝子から、体細胞へ導入することにより内在性のOct3/4遺伝子及びNanog遺伝子を発現させる遺伝子の組み合せを選択する工程、
2)工程(1)で選択された遺伝子の組み合わせを体細胞に導入する工程、および
3)工程(2)で得られた細胞を培養する工程。

これまでの特許に比べて、かなり広範な遺伝子をカバーしています。
変則的なクレーム形式になっているので、全て上手くいったという訳ではないかもしれませんが、非常に価値のある特許になっていると思います。

存続期間は2026126日まで。


・ニュースリリース
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/news/131220-203845.html

・関連ページ
http://biopatentblog.blog.fc2.com/blog-entry-81.html

スポンサーサイト



PR


プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書はバイオ医薬(特に抗体医薬)、調査は無効資料調査が特に得意です。

お問い合わせはbiopatentblog@gmail.com(@は半角)へお願いします。

QR code

QR

RSSリンク