■クレームと実施例


特許の出願書類明細書)には、発明の名称、クレーム、背景技術、課題、手段、実施形態、実施例などの欄があります。
読み物としては、背景技術とか、課題とか、手段のところが面白かったりしますが、医薬・バイオ・化学分野でよい明細書を作るにはクレームと実施例が特に重要です。 他が良くなくても、ここがよければ何とかなったりします。

クレームと実施例を作るときに考えることはいろいろあります。 回避しやすいクレームになってしまっていないかとか、クレームは開発品を本当にカバーできているかとか、クレームが従来技術を含んでいないかとか、用語の設定は本当にそれでいいかとか、新規性・進歩性・記載要件との兼ね合いはどうかとか、実施例は欲しいクレームに対して十分かとか・・・。
あと、明細書を作り終えたなら、自分が作ったクレームを疑ってみるっていうのが大事だったりします。

スポンサーサイト




■コメント:

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

PR


最近の記事

プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書はバイオ医薬(特に抗体医薬)、調査は無効資料調査が特に得意です。

お問い合わせは、
biopatentblog@gmail.com
もしくは、
info@iyakunews.com
へお願いします(@は半角に変換してください)。

QR code

QR

RSSリンク