■アイデア詰め込み型明細書と、あっさり型明細書


特許出願の明細書には、実施形態のアイデアがたくさん詰め込まれた明細書(アイデア詰め込み型明細書)と、そうでもない明細書(あっさり型明細書)があります。
実施形態をたくさん書くメリットはいくつかありますが、その1つは、記載要件の拒絶に対応しやすくすることあります。 ただ書きすぎると、明細書作成費用や翻訳費用が増えたり、改良出願の足を引っ張ったりすることがあるので、そこは上手く調整する必要があります。

アイデア詰め込み型の別形態として、ストーリー作り込み型の明細書があります。 いつもではないですが、明細書のストーリーが重要になってくる場合があります。 説得力のあるストーリー作りには、特許実務の知識以外に、技術的な知識、論理的な思考力、国語力が必要です。 実施形態と違って、作成者の個性が出るところだと思います。

細かいことですが、検討することっていろいろあります。

スポンサーサイト

■コメント:

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

PR


プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書は抗体関連、調査は無効資料調査が好きです。

お問い合わせはbiopatentblog@gmail.com(@は半角)へお願いします。

QR code

QR

RSSリンク