■JP-NET ファミリーベース検索に対応


特許調査システムのJP-NET(海外版)が、ファミリーベース検索に対応しました。

ファミリーベース検索というのは、例えば1つの出願で米国、EP、中国の3ファミリーがあった場合、そのうち1つのみが表示されるというものです。
どの国を優先表示させるかは選べます。

スクリーニングの際に内容の重複率が高いファミリーを省略できるので、より効率的に先行技術調査や無効資料調査をできるようになりました。 但し、省略したところに、多少の漏れが生じるリスクはあります。

スポンサーサイト

■コメント:

■承認待ちコメント []

このコメントは管理者の承認待ちです
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

PR


プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書は抗体関連、調査は無効資料調査が好きです。

お問い合わせはbiopatentblog@gmail.com(@は半角)へお願いします。

QR code

QR

RSSリンク