■siRNA、miRNA関連特許の登録件数増加中


siRNAmiRNA関連特許の登録件数の推移をざっと調べてみました。

20160331_kakusan.png

siRNAmiRNA関連の日本と米国特許の登録件数(該当年に登録された件数)の推移です。
「登録:20002015年」×「タイトル・クレーム・要約」×「キーワード」で検索しました。


ざっくりと検索したので漏れがありますが、最近は増加傾向にあるようです。
この分野の研究成果が蓄積してきたことにより、(将来の製品化を見据えて)特許を取得する意義が高まってきているのか、それとも、単にペンディングになってた案件の審査が進み出しただけなのか・・・。
あとこの分野では、核酸医薬の開発に関するガイドラインの策定に向けた研究が進んでいるそうで、GL整備による開発促進が期待されています。


スポンサーサイト

■コメント:

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

PR


プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書は抗体関連、調査は無効資料調査が好きです。

お問い合わせはbiopatentblog@gmail.com(@は半角)へお願いします。

QR code

QR

RSSリンク