■オキサリプラチン特許侵害訴訟4。クレームの緩衝剤は添加したものに限られると判断された事例。

 
<判決紹介>
・平成27年(ワ)第28468号 特許権侵害差止請求事件
・平成281028日判決言渡
・東京地方裁判所民事第40部 東海林保 勝又来未子 古谷健二郎
・原告:デビオファーム・インターナショナル・エス・アー
・被告:日医工株式会社
・特許4430229


■コメント
新薬 vs ジェネリックの侵害訴訟。
特許4430229の特許権を有する原告が、被告のオキサリプラチン製剤が特許権侵害に当たるとして、製造等の差し止め及び廃棄を求めた事案です。

先発品はエルプラット点滴静注液50mg等(一般名: オキサリプラチン)。
後発品(被告製品)はオキサリプラチン点滴静注液50mg「日医工」等。
(被告以外の会社も後発品を販売中。)

下記の3つの訴訟と同様に、クレームに記載の「緩衝剤」が添加したものに限られるかどうかが争点となりました。


・平成28年(ワ)第15355号特許権侵害に基づく損害賠償請求事件(サイト内リンク
 
(原告:ヤクルト、デビオ、被告:日本化薬、東京地裁民事第29 嶋末和秀、鈴木千帆、天野研司
・平成27年(ワ)第28849号特許権侵害差止請求事件(判決文リンク
  
(原告:デビオ、被告:サンド、東京地裁民事第29部 嶋末和秀、鈴木千帆、天野研司)
・平成27年(ワ)第12416号特許権侵害差止請求事件(サイト内リンク
 
(原告:デビオ、被告:日本化薬、東京地裁民事第46部 長谷川浩二 萩原孝基 中嶋邦人)

本判決でも、上記1535528849判決と同様に、「緩衝剤」は添加したものに限られる(解離シュウ酸は含まれない)被告製品は構成要件を充足しないと判断されました。 請求棄却。



判決文はこちらから
スポンサーサイト

■コメント:

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

PR


プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書は抗体関連、調査は無効資料調査が好きです。

お問い合わせはbiopatentblog@gmail.com(@は半角)へお願いします。

QR code

QR

RSSリンク