■ハーセプチン用法特許の無効審判事例 ~後出しデータの参酌の可否~

 
<審決紹介>
・無効2016-800021
・審決日:20161227
・合議体:審判長 特許庁審判官 内藤伸一、審判官 渡邉潤也、審判官 齋藤恵
・請求人:セルトリオン・インコーポレイテッド
・被請求人:ジェネンテック,インコーポレイテッド
・特許5623681
・発明の名称:抗-ErbB2抗体による治療


■コメント
前回のブログでハーセプチンの用法用量をカバーする特許の無効審判をご紹介しましたが、今回はハーセプチンの用法をカバーする別の特許に対する無効審判をご紹介します。

時期は今回の審決日が20161227日なので、少し前の事例になります(前回紹介した無効審判の審決日は201775日です)。請求人、被請求人は同じです。

争点は、新規性、進歩性、原文新規事項です。
下の画像で進歩性について簡単に解説しています。
先日のバイオ医薬EXPOのときに資料を作っていたのでアップしてみました。

本件特許の実施例には効果が未来形で書かれていたのですが、後出しの実験データ(乙15)が考慮され、本件特許発明の効果は予測し得たとはいえない(進歩性あり)と判断され、特許は維持されました。
その後、5
10日に審決取消訴訟が提起されています。



1_20170825_biopatentblog.jpg

2_20170825_biopatentblog.jpg

3_20170825_biopatentblog.jpg

4_20170825_biopatentblog.jpg

5_20170825_biopatentblog.jpg

6_20170825_biopatentblog.jpg

7_20170825_biopatentblog.jpg

8_20170825_biopatentblog.jpg


・・・記載要件違反も主張しておくとよかったかもしれないですね。


スポンサーサイト

■コメント:

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

PR


プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書は抗体関連、調査は無効資料調査が好きです。

お問い合わせはbiopatentblog@gmail.com(@は半角)へお願いします。

QR code

QR

RSSリンク