■カナダのsmall entityは厳しい(特許規則3.02 条)


カナダにも米国と同じように、スモールエンティティ(small entity)の
制度があります。 出願人がsmall entityに該当すると、いくつかの特許庁費用が半額になります。 但し条件は米国よりも厳しいです。 また過去の判決や用語の不明確性を考慮すると、多少の減額に対してリスクが大きいので、あまりお勧めはできません…。

-------------------------------
3.01
(1) Subject to section 3.02, a small entity declaration
  (a) shall be filed with the Commissioner by the authorized correspondent, in the case of an application, or by the patentee, in the case of a patent;
  (b) may be filed as part of the petition or as a separate document;
  (c) shall, if not filed as part of the petition, identify the application or patent to which it relates;
  (d) shall contain a statement to the effect that the applicant or patentee believes that in accordance with subsection (2) they are entitled to pay fees at the small entity level in respect of that application or patent;
  (e) shall be signed by the applicant or patentee or by a patent agent appointed by the applicant or patentee; and
  (f) shall indicate the name of the applicant or patentee and, if applicable, the name of the patent agent signing the declaration.

(2) An applicant or patentee may pay fees at the small entity level in respect of an application or patent if
  (a) in respect of an application other than a PCT national phase application or a patent issued on the basis of such an application, on the filing date of the application the applicant originally identified in the petition is a small entity in respect of the invention to which the application or patent relates; and
  (b) in respect of a PCT national phase application or a patent issued on the basis of such an application, on the date when the requirements of subsection 58(1) and, if applicable, subsection 58(2) are complied with, the applicant who complies with those requirements is a small entity in respect of the invention to which the application or patent relates.

(3) For the purposes of subsection (2), “small entity”, in respect of an invention, means an entity that employs 50 or fewer employees or that is a university, but does not include an entity that
  (a) is controlled directly or indirectly by an entity, other than a university, that employs more than 50 employees; or
  (b) has transferred or licensed or has an obligation, other than a contingent obligation, to transfer or license any right in the invention to an entity, other than a university, that employs more than 50 employees.

-------------------------------

第3.01条
(1) 第 3.02 条に従うことを条件として,小規模事業体宣言書については,
  (a) 出願の場合は権限ある通信者により又は特許の場合は特許権者により長官に提出しなければならない。
  (b) 願書の一部として又は別の書類として提出することができる。
  (c) 願書の一部として提出しない場合は,それが関連する出願又は特許を特定しなければならない。
  (d) (2)に従って出願人又は特許権者は当該出願又は特許に関して小規模事業体レベルの手数料を納付する権原を有すると確信する旨の陳述を含めなければならない。
  (e) 出願人又は特許権者により又は当該出願人又は特許権者により選任された特許代理人により署名されなければならない。
  (f) 出願人又は特許権者の名称,及び該当する場合は当該宣言書に署名する特許代理人の名称を記載しなければならない

(2) 出願人又は特許権者は、次の場合は、出願又は特許に関して小規模事業体レベルでの手数料を納付することができる
  (a) PCT 国内段階出願以外の出願又は当該出願を基礎として発行された特許に関して、当該出願の出願日に願書において当初特定された出願人が当該出願又は特許が関連する発明に関して小規模事業体である場合
  (b) PCT 国内段階出願又は当該出願を基礎として発行された特許に関して、第 58 条(1)及び該当する場合は第 58 条(2)の要件が遵守された日にそれら要件を遵守した出願人が当該出願又は特許が関連する発明に関して小規模事業体である場合

(3) (2)の適用上、「小規模事業体」とは、発明に関して 50 人以下の従業者を雇用するentity、又は大学であるentityを意味するが、次のentityは含まない。
  (a) 大学以外であって、50 人を超える従業者を雇用するentityによって直接又は間接に管理されているentity
  (b) 大学以外であって、50 人を超える従業者を雇用するentityに対し、発明の何らかの権利について、移転若しくはライセンスしているか又は不確定な義務以外で移転若しくはライセンスすべき義務を有するentity

-------------------------------
58. (1) An applicant who designates Canada, or who designates and elects Canada, in an international application shall, within the time prescribed by subsection (3),
  (a) where the International Bureau of the World Intellectual Property Organization has not published the international application, provide the Commissioner with a copy of the international application;
  (b) where the international application is not in English or French, provide the Commissioner with a translation of the international application into either English or French; and
  (c) pay the appropriate basic national fee prescribed by subsection 3(5).
(2) An applicant who complies with the requirements of subsection (1) after the second anniversary of the international filing date shall, within the time prescribed by subsection (3), pay any fee set out in item 30 of Schedule II that would have been payable in accordance with section 99 or 154 had the international application been filed in Canada as a Canadian application on the international filing date.
(3) An applicant shall comply with the requirements of subsection (1) and, where applicable, subsection (2) not later than on the expiry of
  (a) the 30-month period after the priority date; or
  (b) if the applicant pays the additional fee for late payment set out in item 11 of Schedule II before the expiry of the 42-month period after the priority date, the 42-month period after the priority date.

-------------------------------

第58条 (1) 国際出願においてカナダを指定し又はカナダを指定し、かつ、選択した出願人は、(3)に定める期間内に、次の手続を行わなければならない。
  (a) 世界知的所有権機関の国際事務局が国際出願を公開していない場合は、当該国際出願の謄本を長官に提出し、
  (b) 国際出願が英語又はフランス語でされていない場合は、当該国際出願の英語又はフランス語への翻訳文を長官に提出し、また
  (c) 第 3 条(5)に規定する適切な基本国内手数料を納付すること
(2) 国際出願日の第 2 年応答日の後に(1)の要件を遵守する出願人は、(3)に規定する期間内に、当該国際出願が国際出願日にカナダ出願としてカナダにおいて出願されたとした場合に第 99 条又は第 154 条に従って納付すべきものとなる附則 II 項目 30 に掲げる何れかの手数料を納付しなければならない。
(3) 出願人は、次の期間の満了以前に、(1)及び該当する場合は(2)の要件を遵守しなければならない。
  (a) 優先日の後 30 月の期間、又は
  (b) 出願人が附則 II 項目 11 に掲げる追納に対する追加手数料を優先日の後 42 月の期間の満了前に納付の場合は、優先日の後 42 月の期間

スポンサーサイト




■コメント:

■Re: カナダのsmall entityは厳しい(特許規則3.02 条) [Su]

初めまして。 small entity の条件ですが、厳しいし曖昧だし。small entity に積極的に特許出願をしてもらいたいための条例になっていないですよね。

■Re: Re: カナダのsmall entityは厳しい(特許規則3.02 条) [d]

> 初めまして。 small entity の条件ですが、厳しいし曖昧だし。small entity に積極的に特許出願をしてもらいたいための条例になっていないですよね。

はじめまして。 コメントありがとうございます。

small entityを主張して安くなるのは、出願 200 CAD、審査請求 400 CAD、年金 -50%/年、最終手数料 150 CADなので、そもそもそんなに…のようなニュアンスを現地代理人から聞いたことがあります。 日本→外国出願では、翻訳費用など、他にいろんな費用が発生しているので、small割のお得感は薄まるのかもしれません。

small entityに限りませんが、カナダは審査請求が出願から5年と比較的長めなので、PPHを利用して中間費用を安くするというのも費用節約の面からはいいのかなと思います。
カナダは、英語で出せるし、医薬市場も臨床試験も悪くないし、出願するには結構いい感じの国かなという印象があります。

■Re: カナダのsmall entityは厳しい(特許規則3.02 条) [Su]

嬉しいコメントありがとうございます。アメリカに比べると費用が安いですし、出願数が少ないので出願したらお得なんです。が、企業はどうしても中国やアメリカに向いてますよね。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

PR


最近の記事

プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書はバイオ医薬(特に抗体医薬)、調査は無効資料調査が特に得意です。

お問い合わせは、
biopatentblog@gmail.com
もしくは、
info@iyakunews.com
へお願いします(@は半角に変換してください)。

QR code

QR

RSSリンク