■蛋白質の調査ではproteinも有効


特許メモ: 蛋白質関係の特許調査をするときには、検索キーワードに「蛋白質 たんぱく質 タンパク質 プロテイン」を使うことがあると思います。 日本の公報は、日本語で書かれているので「蛋白質 たんぱく質 タンパク質 プロテイン」で多くの場合問題はありませんが、まれに「protein」でないとヒットしない場合があります。

試しに2012年に発行された公報で、「要約・請求項」に「protein」と記載されているものを検索すると8件がヒットします(下記参照)。 このうち、2件は「要約・請求項」に「蛋白質 たんぱく質 タンパク質 プロテイン」が記載されていません。 そのため、その2件は「蛋白質 たんぱく質 タンパク質 プロテイン」では取りこぼしてしまうことになります。


というわけで、日本語の特許調査でも、時には英語を入力することが必要です。

スポンサーサイト




■コメント:

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

PR


最近の記事

プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書はバイオ医薬(特に抗体医薬)、調査は無効資料調査が特に得意です。

お問い合わせは、
biopatentblog@gmail.com
もしくは、
info@iyakunews.com
へお願いします(@は半角に変換してください)。

QR code

QR

RSSリンク