■相同性(又は同一性)特許は増加中


下記表の条件で、IPDL(特許電子図書館)で検索してみました。中の数字はヒット件数です。

遺伝子、RNA、蛋白質、抗体、ペプチドなどの分野の特許出願では、請求項に
「配列番号1で示されるアミノ酸配列に対して80%以上の相同性を有するアミノ酸配列を含み、X活性を有するY蛋白質を含有する、Z治療薬。」
のような文章を記載することがあると思いますが、このような相同性(又は同一性)で特定された特許は徐々に増えているようです。

20120720_homo.jpg

といっても、全体の登録件数も増えていますが。

20120720_regist.jpg
スポンサーサイト




■コメント:

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

PR


最近の記事

プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書はバイオ医薬(特に抗体医薬)、調査は無効資料調査が特に得意です。

お問い合わせは、
biopatentblog@gmail.com
もしくは、
info@iyakunews.com
へお願いします(@は半角に変換してください)。

QR code

QR

RSSリンク