■Pay-for-delayに関する米国最高裁の判決(ブランド薬メーカーを反トラスト法で当局が訴訟することを承認)


医薬ニュースを紹介します。


最近のトレンドとして、ジェネリック医薬販売会社がブランド医薬の特許無効を訴えた場合、ブランド医薬販売会社がブランド品の販売延長をするために、ジェネリック医薬販売会社に逆に補償金を払うというプラクティスがありました(pay-for-delay, or reverse payments)。しかし、これは患者と保険機構が高価なブランド品を購入・支払することを意味します。

今回の米国最高裁の判決では、5対3(棄権1)で、当局がブランド医薬販売会社を反トラスト法違反で訴訟することを容認するという判断を示しました。これにより、ジェネリック医薬の市場投入が促進され、価格競争が激しくなることが予想されます。(提供:SKIP 宍戸知行弁理士)

New York Times (June 17, 2013)
http://www.nytimes.com/2013/06/18/business/supreme-court-says-drug-makers-can-be-sued-over-pay-for-delay-deals.html?hp&_r=0
スポンサーサイト




■コメント:

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

PR


最近の記事

プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書はバイオ医薬(特に抗体医薬)、調査は無効資料調査が特に得意です。

お問い合わせは、
biopatentblog@gmail.com
もしくは、
info@iyakunews.com
へお願いします(@は半角に変換してください)。

QR code

QR

RSSリンク