■論文・セミナー

■「知財管理」6月号にiPS細胞の製法特許の論文が掲載されました。

 
「知財管理」20166月号に、iPS細胞の製法特許の論文が掲載されました!
昨年の抗体特許の論文に続き2本目です。

6
月号の目次はこちらです↓。650658頁に載りました。

http://www.jipa.or.jp/kikansi/chizaikanri/mokuji/mokuji1606.html

論文タイトルは、

iPS細胞の製法特許の記載要件に関する
 審査傾向、拒絶対応の分析・考察


です。
抄録は、

http://www.jipa.or.jp/kikansi/chizaikanri/search/detail.php?chizai_id=910ae074739144d3f51783dadebc466b

です。


山中教授のグループによりiPS細胞(人工多能性幹細胞)の開発が発表されてから10年が経ちます。10年前に発表されたiPS細胞の製法は、体細胞にOct3/4Sox2Klf4c-Mycの4因子を導入するとリプログラミング(初期化)が起こるという現象に基づくものでした。
現在では、種々の企業・大学から上記4因子の一部のみを使用する製法や、いずれも使用しない製法が報告されています。但し、その数は少なく、まだまだ新しい分野といえます。

そして、新しい分野であるため特許出願の審査・拒絶対応の蓄積が少なく、新規性、進歩性、記載要件を満たす明細書をどう作るべきかについて、実務者は少ない情報から試行錯誤しながら進めているという現状があります。
本論文では、この分野におけるよりよい明細書作成、拒絶対応を行うために気を付けるべき点を探るべく、iPS細胞関連特許を抽出し、審査傾向、拒絶対応について分析・考察しました。

なお、iPS細胞に関連する特許はいくつかのタイプに分類できますが、本論文では、iPS細胞を活用する上で基盤となる「iPS細胞の製法」に関する特許を主な分析対象としました。拒絶理由の種類はより一般化しやすい記載要件を分析対象としました。


山中教授の特許ファミリー(WO2007/069666ファミリー)の状況はすでに他の論文等で解説されていると思いますので、本論文では、その辺りの解説はあまりしないように心がけました。
幅広くiPS細胞関連特許を抽出し、審査傾向、拒絶対応を分析・考察した論文は初なんじゃないかなぁと思います。

詳細についてはぜひ本誌をお読みいただければ幸いです。
(「知財管理」誌は書店に置いていませんので、会員でない方は国会図書館等でご覧ください。)

このような機会を与えてくださった関係者の皆さまありがとうございました。



■(2月22日) 医薬品の特許調査セミナーを開催します。


医薬品の特許調査セミナーの講師を務めさせていただくことになりました。 詳細は下記の通りです。
一昨年に後発品メーカー視点の調査セミナーを開催しましたが、今回は新薬メーカー視点の内容になっています。 セミナーは2部制で、1部が調査全般、2部が配列検索に関する内容です。 私は1部を担当します。

実務に近い内容で、且つ書籍やネットに載っていない情報を入れるように心がけて資料を作成しました。 スライドは150枚以上あります。 普通に解説したら時間内に終わらないので、基礎的なところはどんどん飛ばして、大事なところを重点的にお話する予定です。 具体的な製品の調査事例を結構入れたので、面白いセミナーになるんじゃないかなぁと思っています。


-----------------------------------------------------------------------
■日時: 2016222() 114:00-15:30215:50-17:00
■会場: 東薬工 会議室
■受講者: 新薬メーカーの特許調査担当者
■主催者: 東京医薬品工業協会 知的財産研究会 特許情報部会

■タイトル
新薬メーカーの特許調査担当者のための、医薬品の特許調査の留意点と事例検討
-バイオ医薬品を中心に-

■講師
SK
特許業務法人 徳重大輔

■講演項目
1.
特許調査の種類
2.
医薬品の種類
3.
クリアランス調査
 3.1 クリアランス調査の基本
  ・クリアランス調査とは
  ・クレームが大事
  ・医薬品特許のクレームの例
  ・バイオ医薬特許のクレームの例
  ・抗体特許のクレーム限定の種類
  ・クレーム解釈のために明細書も参照
 3.2 クリアランス調査の留意点
  ・繰返し検索の考え方
  ・バイオ医薬品のクリアランスの留意点
  ・抗PD-1抗体
特許の調査事例
4.
無効資料調査
 4.1 無効資料調査の基本
  ・無効資料調査とは
  ・実施例・実験結果が大事
 4.2 無効資料調査の留意点
  ・鑑定的な観点で読む・探す
  ・アドエア特許の調査事例
  ・オランザピン
特許の調査事例
5.
有効性調査
 5.1 アクテムラ特許の調査事例
6.
配列検索の評価
 6.1 PD-1抗体
特許の配列検索事例

<質疑応答>


■関連記事
(1月31日) 医薬品の特許調査セミナーを開催します。


■「知財管理」11月号に抗体特許の論文が掲載されました。


知財管理 201511月号に論文が掲載されました!

11
月号の目次はこちらです↓。15821592頁に載りました。

http://www.jipa.or.jp/kikansi/chizaikanri/mokuji/mokuji1511.html

論文タイトルは、

抗体医薬特許における,非配列限定型/配列限定型特許の出願・審査傾向の分析と考察

です。
ちょっとタイトル堅いですね。

抄録は、

http://goo.gl/x5SPlH

です。

抗体医薬特許の分野では、「アミノ酸配列の限定のない抗体医薬特許をとるためにはどうしたらよいのか。何に気をつけるべきなのか。」という大きな疑問があります。
本論文では、この疑問の答えを探る観点から過去の出願・審査を調査し、その結果について考察をしています。 もともと個人的な勉強のために調査、分析をざっくりしていたのですが、今回論文を書くに当たってまじめにやってみました。

この分野では多くの方々が気になっていることかと思いますので、結構インパクトはあるんじゃないかなぁと思います。

詳細についてはぜひ本誌をお読みいただければ幸いです。
(知財管理誌は書店に置いていませんので、会員でない方は国会図書館等でご覧ください。)

このような機会を与えてくださった関係者の皆さまありがとうございました。


■バイオ医薬品特許のセミナーを開催しました。


先日無事にセミナーを終えました。 お忙しい中お越しいただいた受講者の皆様、誠にありがとうございました。

今回はバイオ医薬特許(特に抗体特許)のセミナーということで、タイトルに目新しさはありませんでしたが、内容的には独自の情報(調査・分析・考察など)や論点・対策法を詰め込んだので、面白いセミナーになったのではないかと思います。 主催者からのフィードバックによれば受講者の皆様の評価は上々だったので、開催した価値はあったのかなと思います。

今後は新たな内容で論文執筆を予定しています。


■(2月25日) バイオ医薬品特許のセミナーを開催します。


2月25日(水)にバイオ医薬品の特許出願の留意点に関するセミナーを開催いたします。 分野は抗体医薬を中心に、RNAi、幹細胞、特許調査などです。 一般的な話にとどまらず、私自身が実務の中で気付いたことや、独自調査により見えてきたことなども含めてお話させていただきます。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。


■日時: 2015225() 13:00-16:30
■会場: 東京都中小企業振興公社3階第4会議室(最寄駅:秋葉原駅)、地図は
こちら
■受講料: 141,040円 (税込・資料付)
■受講対象: 製薬会社・医薬系大学に所属の方
■主催者: 株式会社情報機構
■お申込みページへのリンク
主催者WEBページ
割引チケット

■タイトル
バイオ医薬品の特許明細書作成・OA応答の留意点
-抗体医薬品特許を中心に-


■講師
SK
特許業務法人 徳重大輔

■コメント
抗体医薬品の市場規模は年々増加しており、医薬品の年間売上トップ10の半数を占めるようになりました。 また、核酸医薬や幹細胞関連技術の開発も着実に進んでおり、バイオ医薬品の市場規模は今後も拡大することが見込まれます。 そのような中、バイオ医薬品の特許を上手く取得することは製薬会社にとって重要なミッションといえます。

本講座では、バイオ医薬品の特許出願、拒絶理由通知への応答の際の留意点に関して、私の知っている範囲で、できるだけ実務に近い具体的な話をしようと考えています。 分野は抗体医薬特許が中心になります(6割程度を予定)。 内容はバイオ医薬特許の種類紹介、明細書作成・OA応答上の注意点、事例紹介などになる予定です。 バイオ医薬特許に興味がある研究者の方や、この分野での経験が少ない方が参加されても理解しやすいように、ある程度基本的なことも含めてテキストを作成させていただく予定です。

■講演概要
1.
バイオ医薬特許の基本
 1.1 バイオ医薬品とは
 1.2 バイオ医薬特許の種類
 1.3 大型バイオ医薬品の特許切れ
 1.4 バイオ医薬特許に特有の限定
2. RNAi
関連特許の明細書作成・OA応答の留意点
 2.1 RNAiとは
 2.2 請求項の種類
 2.3 留意点
 2.4 簡易調査結果・事例紹介
3.
幹細胞関連特許の明細書作成・OA応答の留意点
 3.1 幹細胞とは
 3.2 請求項の種類
 3.3 留意点
 3.4 簡易調査結果・事例紹介
4.
その他のバイオ医薬特許の明細書作成・OA応答の留意点
5.
バイオ医薬特許の特許調査の留意点
6.
抗体医薬特許の明細書作成・OA応答の留意点
 6.1 抗体医薬特許の基本
 6.2 請求項の種類
  ・抗原、用途、エピトープ、結合部位、結合性、交差反応、阻害、機能、ADC、組合わせ、組成、ヒト化、構造、配列、寄託、製法、CDRFvなど
 6.3 抗体医薬特許のクレーム作成の留意点
 6.4 抗体医薬特許の明細書作成の留意点
 6.5 抗体医薬特許のストーリー作成の留意点
 6.6 抗体医薬特許の拒絶理由通知への応答の留意点
 6.7 抗原を特定せずに抗体一般を権利範囲に含むような抗体医薬特許
 6.8 レアケース
 6.9 抗体医薬品XYZの出願分析

<質疑応答>


■関連記事
(1月31日) 医薬品の特許調査セミナーを開催します。

■医薬品の特許調査セミナーを開催しました。


先日ご紹介しました通り、1/31に医薬品の特許調査セミナーを開催しました。お忙しい中お越しいただいた受講者の皆様、誠にありがとうございました。

セミナーでは、医薬分野に絞って、特許調査の具体的な進め方や、データベースの種類・使い方、調査事例をお話ししました。 具体性のない話はつまらないかなと思うので、実際の医薬品・医薬成分を題材にして、できるだけ具体的な情報を盛り込むように心がけました。

終了後、主催者の情報機構さんからフィードバック(受講者の6段階評価)をいただきましたが、概ね高評価をいただくことができ、ほっとしました。 情報機構さんの損益分岐点も十分に上回っていたようです。
機会があれば、別のテーマでも開催したいと思います。

■(1月31日) 医薬品の特許調査セミナーを開催します。


情報機構さんのHPでは以前よりご案内しておりましたが、131日(金)に、医薬品の特許調査セミナーの講師を務めさせていただくことになりました。

セミナーの詳細は下記の通りです。 割引きチケットは、こちらからダウンロードできます。


日時: 2014131日(金) 13:00-16:30
会場: 東京都江東区産業会館 2階第6展示室、地図はこちら
■受講料: 1名39,900円 (税込、資料付)
■受講対象: 医薬品会社に所属の方
■主催者: 株式会社情報機構


タイトル
後発医薬品、バイオシミラー(バイオ後続品)上市のための
医薬品特許調査法 <入門講座>


講師
SK
特許業務法人 徳重 大輔

コメント
医薬品の特許調査に関しては、教科書やセミナーが少なく、社外から知識を吸収することは難しいのではないかと思います。 私自身、どうすれば予算の範囲内で効率的に、もれなく調査ができるかを日々模索しています。
本講座では、ジェネリック医薬品・バイオシミラー上市のための特許調査法に関して、私の知っている範囲で、できるだけ実務に近い具体的な話をしようと考えています。
講演内容としては下記を予定しており、クリアランスと無効資料調査の手法が中心になる予定です。
また、入門者の方にわかりやすいように、ある程度基本的なことも含めてお話しさせていただく予定です。

講演概要
1.
ジェネリック医薬品、バイオシミラーの基本
1.1 
ジェネリック医薬品、バイオシミラーとは
1.2 
ジェネリック医薬品、バイオシミラーの動向

2.
ジェネリック医薬品上市のための調査法の基本
2.1 
クリアランス調査
2.2 
無効資料調査
2.3 
データベース紹介

3.
医薬品特許のクリアランスの進め方
3.1 
クリアランスの基本
3.2 
何から始めるか
3.3 
データベースで検索・調査する

4.
医薬品特許の無効資料調査の進め方
4.1 
無効資料調査の基本
4.2 
何から始めるか
4.3 
データベースで検索・調査する

5.
バイオシミラー上市のための特許調査で気をつけること ~抗体医薬を中心に~
5.1 
バイオ医薬の特許調査の基本
5.1.1 
クレームの特徴
5.1.2 
抗体特許のクレーム限定の種類
5.1.3 
抗原を特定せずに抗体一般を権利範囲に含むような抗体特許に注意
5.1.4 
蛋白質を特定せずに蛋白質一般を権利範囲に含むような特許に注意
5.1.5 
ターゲットを特定せずに核酸一般を権利範囲に含むような特許に注意
5.1.6 
回避可能かどうかを検討する
5.2 
抗体特許のクリアランス・無効資料調査で気をつけること
5.3 
配列検索の進め方

6.
特許の有効性を検討する上で知っておきたい判決例

7.
検索・調査事例
7.1 
抗体医薬品Aのクリアランス例
7.2 
低分子医薬品Aの特許XXXの無効資料調査例

<質疑応答>


PR


プロフィール

徳重大輔


Author: 徳重大輔

バイオ、医薬、特許関連のブログです。
業界動向や知財判決などの情報をアップしていきます。

SK特許業務法人に勤務しています。明細書作成、特許調査、その他一通りやってます。明細書はバイオ医薬(特に抗体医薬)、調査は無効資料調査が特に得意です。

お問い合わせは、
biopatentblog@gmail.com
もしくは、
info@iyakunews.com
へお願いします(@は半角に変換してください)。

QR code

QR

RSSリンク